キム・スーチョル
名前:キム・スーチョル
Soo Chul Kim
出身地:韓国
生年月日:1991年12月10日
身長:170cm
体重:65.5kg

高校2年の時から総合格闘技を始めた。格闘技を始めて1年もなっていない時に日本の団体ライジングオンのフェザー級チャンピオンを獲得するなど活躍して来た。以後、自分のチームを中心で新しい格闘技イベントのROAD FCが誕生してから主戦場でシンガポールのONE FCにも出場した。特にONE FCでは2013年初代バンタム級チャンピオン決定戦で絶対的に不利だと言われた相手のレアンドロ・イッサと戦って2ラウンドにTKO勝ちをして初代バンタム級チャンピオンになる大活躍をした。以後ROADFCの舞台でUFC出身の田村一聖と戦って1ラウンドにチョクで勝利するなど大舞台で活躍して来た選手たちのキラーで浮上した。特に初のROADFC日本大会でも日本の強者である中原太陽をフロント・チョクで倒している。ROADFC.25では第2代パンクラスフェザー級王者と第2代SRCフェザー級王者だったマルロン・サンドロと戦って一進一退の素晴らしい試合をやって引き分けで試合を終了するなど活躍した。

日付勝敗対戦相手結果大会名
2015.12.31loseマイケ・リニャーレス3R終了 判定0-3IZAの舞
関連記事

人気記事

This article is a sponsored article by
''.