大尊伸光
名前:大尊伸光
Nobumitsu Tyson
出身地:千葉県
生年月日:1986年7月3日
身長:170cm
体重:70.0kg
所属:総合格闘技津田沼道場
Twitter:@nobu32_tyson
Instagram:nobu_tyson


小学生時代に空手を始め、中学2年生からレスリング部へ入部。10年9月に第17回全日本アマチュア修斗選手権ミドル級で優勝し、翌11年2月にプロデビューすると同年の修斗新人王トーナメントウェルター級で準優勝を果たす。

打撃で相手を沈める駆け引きなしの真っ向勝負を仕掛けるファイトスタイルで、13年12月には修斗インフィニティトーナメントを優勝。14年3月に行われた修斗環太平洋ウェルター級チャンピオンシップで佐々木信治を相手にKO勝利で第7代王者となる。15年4月に松本光史に判定で敗れて王座陥落。その後、同年7月からテレビで放映された「Road to UFC JAPAN」の8名に選出され、ヘッドコーチだったジョシュ・バーネットに指名され脚光を浴びる。

18年大晦日のRIZIN.14で、剛よく剛を制する剛腕ファイターとしてRIZINに初参戦。謎多きアゼルバイジャン人ファイターのトフィック・ムサエフのスイッチする攻撃に距離を詰め切れず、2Rにタックルで倒されハンマーパンチでTKOで沈められた。苦いRIZINデビュー戦となったが剛腕ファイトとユニークなパフォーマンスは観る者を惹きつけた。

関連記事

NEXT EVENT

MOVIE

RESULT

PICK UP

OFFICIAL SNS

最新情報を発信
twitter ツイッター インスタグラム facebook フェイスブック LINE youtube ユーチューブ

RECOMMEND

This article is a sponsored article by
''.