[RIZIN トーナメントルール:
 5分2R / インターバル60秒 / 延長5分1R(無差別級トーナメント準決勝1)]

(Win)ミルコ・クロコップ vs. バルト(Lose)
1R 0分49秒 KO

無差別級トーナメント準決勝・第1試合。

1R、突っ込んでミルコをコーナーに押し込んだバルトだったが、密着した状態でミルコの左ひざ蹴りがバルトのボディを捕らえ、この一発で秒殺KO!ミルコが決勝進出を決めた。

バルトのコメント

──試合の感想をお願いします。

バルト ちょっと一昨日の試合が終わってから、緊張感があって、今日の試合怖かったんですよね。向こうもそうだったかもしれないけど、リングに上がるのが怖かったんですね。

──リングに上がるのが怖かったのか、あるいはミルコが怖かったんですか?

バルト どうなんですかね? とにかくミルコのハイキックが怖かった。24時間頭から離れなかったですね。

──パンチは?

バルト みぞおちに入ったから。食らったことがないひざ蹴りだったので、一気に息が止まったから、ビックリしたんですよね。

──想定通りに試合を運べなかった?

バルト それなりに良かったんじゃないかと思うんですけど。

──今後の目標は?

バルト とりあえず1月終わる頃に息子さんも生まれる予定で、それが来年大事なことかなと思いますけど、RIZINに関して1年間やってて、ぼちぼち格闘家として動きもちょっとずつ良くなっているし、まだ相撲のテクニックも多いけど、それなりにシュートボクシングの練習をもっともっとやって、もう一回ミルコと試合をやりたいなと思います。

──RIZINの試合を振り返り、どのような印象がありましたか?

バルト 私も相撲の時から格闘技のイベントの大ファンだったんですよ。31日はお酒を飲みながら観てましたから。やっぱり今回いろんな強い選手がいっぱい集まって、楽しいっていうか、観るほうも楽しいけど、やるほうも楽しくなってきています。

──日本の相撲文化の中で相撲取りもたくさんいます。横綱とかもいますけど、ぜひ格闘技のほうに来ていただきたいと思っていますか?

バルト たくさん相撲界からも格闘技界に入っている方々がいましたし、あまり成績が良くないから。紹介したいというわけじゃなくて、私もなりたいという方がいればね、格闘家の気持ちはそれぞれ違うから。やりたい人が手を挙げたら、やってもいいと思いますけど、自分から紹介はしないな。

Next

This article is a sponsored article by
''.