那須川天心
名前:那須川天心
Tenshin Nasukawa
出身地:日本・千葉県
生年月日:1998年8月18日
身長:165cm
体重:58.0kg
所属:TARGET/Cygames
Twitter:@TeppenTenshin
Instagram:tenshin.nasukawa


「キックの神様が作り上げた最高傑作」と呼ばれる天才ファイター。14年7月にプロデビューし、15年5月には村越優汰がもつRISEバンタム級のベルトを奪取。プロ6戦目、史上最年少16歳での快挙だった。

同年8月に行われたBLADEの-55kgトーナメントでは、各団体の王者が集結したこのトーナメントを3戦連続のKO勝利で優勝。16年12月のKNOCK OUT旗揚げ戦では、タイ・ルンピニースタジアム現役スーパーフライ級王者を狙っていたというバックスピンキックを顎にヒットさせ衝撃のKO勝利を挙げた。

MMAデビュー戦となった16年大晦日のRIZINでは29日、31日と二連戦し、連勝を飾り、天才のデビューに相応しいインパクトを残した。17年4月のRIZIN.5ではフランシスコ・ギリオッティを秒殺KO。続く7月のRIZIN.6で才賀紀左衛門とMIXルールで沈め、10月のRIZIN.7ではMMAルールでアマチュアボクシング5冠の藤田大和から判定3-0の完封勝利。そして年末にはRIZINキックボクシングトーナメントで浜本“キャット”雄大を飛び膝蹴りでKO、決勝で藤田との再戦を圧倒的な強さで撃破してトーナメント優勝を飾る。

18年は5月のRIZIN.10で中村優作を2R TKOで退けたのを皮切りに6月のRISE幕張メッセ大会で強敵のロッタン・ジットムアンノンに判定で勝利してRISE初の世界王者を奪取。9月のRIZIN.13では超満員の27,000人が見守る中、自身の憧れでもある堀口恭司と「世紀の一戦」との名に相応しい熱戦を繰り広げ、連勝記録を伸ばす。

大晦日のRIZIN.14では日本人で初めてフロイド・メイウェザーと戦い、1Rに3度のダウンを喫してセコンドからのタオル投入で終了。勇気あるファイトに日本中が感動した。

関連記事
続きを読む

人気記事

This article is a sponsored article by
''.