原口健飛
名前:原口健飛
Kento Haraguchi
出身地:日本 兵庫県
生年月日:1998年4月9日
身長:175cm
体重:59.0kg
所属:KickLab聖武会館
Twitter:@kentoboxing

Road to RIZINキックトーナメントを制した関西の天才児。幼少の頃にオリンピック競技の寸止め空手を習い始め、小学3年から中学3年まで聖武会館で研鑽を積む。高校生でボクシングへ転向し、17歳でプロデビュー。16年西日本新人王戦で準決勝まで勝ち上がる。17年にキックボクシングへ転向すると6月に関西の格闘技イベントALL BOX WORLDでプロデビューを果たし、白星を挙げる。わずか2ヶ月後の2戦目ではACCELフェザー級王座を奪取。続く11月にはRISEに初参戦し、DEAD OR ALIVE 57kgトーナメント1回戦でシュートボクシング日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹と互角に打ち合い、判定までもつれる接戦を演じた。今年6月に行われたRISEのワンデイトーナメント、Road to RIZINキックトーナメントに出場し、1回戦でMOMOTARO、決勝では宮崎就斗を判定ながらも撃破し、見事RIZINの出場権を掴んだ。プロデビューから2年の若武者だが、ボクシング仕込みのパンチと空手の変則キックを融合させた戦闘スタイルでRIZINに旋風を巻き起こす。

No Data
関連記事

人気記事

This article is a sponsored article by
''.