ルール

RIZIN MMAルール : 5分 3R(61.0kg)※肘あり

試合結果

(WIN)ビクター・ヘンリー vs. トレント・ガーダム(LOSE)

3R 2分14秒 三角締め

入場

画像1: 入場
画像2: 入場

ROUND 1

細かくフェイントを掛け合う慎重な展開。ビクターはパンチを打ちながら組みついてコーナーへ押し込む。脇を差して倒そうとするがトレントは凌ぐ。スタンドに戻り、トレントがローキックを放つと下腹部に当たり、一時中断後に再開。スタンドでの組み合いからトレントがバックを取り、テイクダウンに成功する。バックからパウンドを落としていくが、ビクターはすぐにコーナーを使って立ち上がる。さらに距離を詰めながらパンチを振るい、ロープを背負わせてボディブローのラッシュ!トレントも肘で応戦するがビクターが倒して上を取ったところで1R終了。

画像1: ROUND 1
画像2: ROUND 1
画像3: ROUND 1

ROUND 2

互いにパンチを打ち合う展開からスタート。ビクターのパンチにトレントがローキックを合わせると再び下腹部に当たってしまい一時中断後に再開。トレントは左右の突き刺すようなパンチを当てていく。トレントの右のパンチにビクターのローが当たり一時中断。再開後、ビクターは距離を詰めて追い掛ける展開。トレントは下がりながらパンチを打ち返す。ビクターが組んで倒すと、トレントはバックを奪う。しかしビクターはエスケープしてガードポジションを奪い返す。トレントは下から肘、パンチを当てていくが、ビクターは手が出ない。トレントは立ち上がり首相撲から肘を打ち込む。ビクターが再びテイクダウンに成功したところで2R終了。

画像1: ROUND 2
画像2: ROUND 2
画像3: ROUND 2
画像4: ROUND 2

ROUND 3

ゴング開始直後からトレントがいきなり殴り掛かるとビクターも応戦。トレントがバックキックを放ったところにビクターのローキックが下腹部に当たり、一時中断、再開。ビクターは距離を詰めていくが、トレントは的確に打撃をヒットさせていく。コーナーでトレントが倒すとビクターは下からアームロックを狙いながらパスガードしてマウントを奪取。トレントがエスケープしようとするところを後ろから三角絞めを仕掛け、これががっちり極まってトレントはタップ!現DEEPバンタム級王者がRIZINデビュー戦を勝利で飾った。

画像1: ROUND 3
画像2: ROUND 3
画像3: ROUND 3

ビクターはマイクを持つと「リング上で勇姿を見せたかった。どうでしたか?なかなか対戦相手もやってくれたよ」と激闘を振り返った。さらに「このRIZINデビューを綺麗に決められたので、対戦相手が来てくれたのでそれは讃えよう。今日の自分の戦いぶりを見届けてくれたと思うけど、こんなところで止まらない。てっぺんまで登るので見届けて欲しい。まずは日本のファンに心からありがとうを伝えたい。今ここ、RIZINが自分の主戦場として皆さんに楽しんでいただきたいと思います。アリガトウゴザイマシタ!」と対戦相手、ファンに感謝を伝え、継続参戦することもアピールした。

画像4: ROUND 3

This article is a sponsored article by
''.