10月27日(木)、東京都内で、12月29日(木)、31日(土・大晦日)にさいたまスーパーアリーナにて開催される『Cygames presents RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/FinalROUND』の記者会見が行なわれた。


記者会見に登場したのは、所英男、山本アーセン、RENA、山本美憂、村田夏南子、浅倉カンナ、RIZIN統括本部長・髙田延彦、RIZIN実行委員長・榊原信行。そして会見2時間前にRIZINに電撃参戦が決まった川尻達也。

はじめに榊原実行委員長から、「去年は『SARABAの宴』『IZAの舞』というテーマを掲げ大会を開催させていただきました。今年は大きなテーマとして『日本の大喧嘩。世界の大喧嘩』を持ち、日本人選手たちを中心にしたカード編成をして日本人同士の熱のある試合を組んだり、日本人たちがいかに世界のトップアスリートたちと渡り合うのかということをテーマにした大会にしていけたらと思っております」と挨拶した。

髙田本部長からは決定したカード、所英男vs山本アーセン、山本美憂vsアンディ・ウィンが発表され、さらに無差別級トーナメント残り一枠の選手に元UFCヘビー級暫定王者・シェイン・カーウィンというビッグネームの参戦が決定したことが発表された。

今回RIZIN初参戦となる現役高校生の浅倉カンナは、「このような大きい舞台で試合ができることを嬉しく思っています。対戦相手はまだ決まっていませんが誰であろうと一本勝ち、KO勝ちを狙って会場が沸く試合をしたいと思います」とコメント。

デビュー以来無傷の4連勝を続けている村田夏南子は、「まだ対戦相手は決まっていませんが年末に向けてしっかり準備するだけだと思っています」とコメント。


シュートボクシング絶対女王・RENAは、「私は一戦一戦ルールが違えどプライドと覚悟を持って試合に臨んでいます。女子格闘技が盛り上がりつつある中でRIZINにはずっと出場させてもらっているので年末には絶対に出たいと思っています。とりあえず11月11日の試合(『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2016』)が終わったら榊原代表とお話しします」とコメントした。

今回がMMA2戦目となる山本美憂は、「今回の相手も立ち技に長けた選手なので、テイクダウンだけで終わらずにそのあとも続けてやりたいと思っています。とにかく試合までしっかりトレーニングを積んでいきます」とコメント。

9月のRIZINでMMA初勝利を挙げた山本アーセンは、「格闘技の試合、3試合目でちっちゃい頃からずっと観ていた所選手とやれせてもらえることに本当に感謝しています。リスペクトを込めながら勝ちたいと思います」とコメント。さらに、「最近ハッピーなことがあったのでは?」という問いに「私結婚しました(笑)。背負うものもできたのでちゃんと男らしくガッツリ勝ってハッピーにさせたいと思います!」と力強いコメントをした。

所英男は、「山本アーセン選手は3戦目で、自分は60戦近くやっているんですが経験以外は差がないと思っています。本当に強敵だと思います。山本アーセンに勝って、その先に山本”KID”さんというボクが昔から長年目標にしていた選手との対戦が出来たらなと思っています。絶対に落とせない試合なので必ず勝ちます」とコメントした。


そしてRIZINに電撃参戦を果たした川尻達也は、「日本の格闘技が大好きです。戻ってきました。2013年の10月にUFCと契約して、そのとき覚悟を決めたのがボクが日本に戻ってきて闘う居場所はないだろうなとそう心に決意してUFCに挑戦しました。ただこうして3年後、RIZINという舞台ができたことを榊原代表をはじめスタッフの皆さん、ファンの皆さんに感謝しています。RIZINには若くてもの凄い可能性を持った選手がたくさんいます。ただまだ本物になるには時間が必要だと思います。ボクがその間RIZINを支えたいと思っています。それがいまボクが日本に戻ってきたひとつのやるべきことだと思うし、これからの格闘技人生をかけてRIZINを盛り上げていきたいと思います」とコメント続けて、「せっかく大晦日に戻って来て一発目ぬるい試合をするつもりもないので榊原さんクロン・グレイシーとやらせてください」とクロンとの対戦を直訴。
それに対し榊原実行委員長は、「クロン・グレイシーを口説いて川尻達也の思いに応えられるように全力で動きます」とコメント。
川尻は「”新グレイシーハンター”いただきたいと思います」と宣言した。

無差別級トーナメントに参戦が決まったシェイン・カーウィンからは、「日本はMMAのみならず武道そのものを象徴する国のひとつだ。この世界のレジェンドと言われる選手たちはほぼ全員日本で榊原さんのもとで闘ってきた。そんなイベントに参加できること、そして歴史あるさいたまスーパーアリーナで闘えることをひじょうに光栄なことだと感じている。闘えることに興奮している。復帰の場所がRIZINだということに申し分ない。このブランドが成長するための手助けをするつもりだ。みなさんには俺のパフォーマンスを覚えてもらいたい。このトーナメントを制したあと世界中のファンたちが即座に次の試合に期待する試合を見せてやる」というコメントが届いた。

〈発表された対戦試合)
RIZINMMAルール 1R10分/2R5分/インターバル 60秒 62.0kg契約
所英男 vs 山本アーセン
RIZIN女子MMAルール 5分3R/インターバル 60秒 49.0kg契約
アンディ・ウィン vs 山本美憂

Next

This article is a sponsored article by
''.